【MHW】モンスターハンターワールド攻略wiki モンハンワールド MHW攻略レシピ

過去ニュース - 【MHW】モンスターハンターワールド

スペシャル公開生放送 2018 Winterまとめ
  • ・プロモーション映像⑥の公開
  • ・炎王龍テオ・テスカトル、鋼龍クシャルダオラ、岩賊竜ドドガマルの登場
  • ・無料アップデート第1弾で恐暴竜イビルジョーが追加予定。
  • ・PV6では他の新モンスターも登場。
  • ・氷のある寒冷地フィールドの公開
  • ・狩王決定戦の開催決定!狩王決定戦は大会用のチャレンジクエストに2人一組で参加するタイムアタック形式の大会。
  • ・ログインボーナスで報奨金が2倍になり、報酬枠が増える激運チケットがもらえる。
  • ・ギルドカードの交換で、交換した人のオトモアイルーがふらっとオトモとしてフィールドに出現して加勢してくれる。
  • ・PS4本体(HDD:500GB)とソフトがセットになった同梱版のStarter Packの発売が決定!数量限定で1月26日に発売。値段は35,980円+税。色は白黒有りでPSPlus利用権1ヶ月分が付いてくる。
  • ・リオレウス仕様のコントローラーが数量限定で1月26日に発売。値段は6,480円+税。
  • ・ELECOMとのコラボでモンハン仕様のキーボード、ヘッドセットも発売。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオリジナル・コラボクエストまとめ
  • ・モンスターハンター・ザ・リアルを体験することでUSJクエストパスが貰える。
  • ・クエストは『USJ・躍動せよ、金の星達!』と『USJ・燃えよ、蒼き星達!』
  • ・プロダクトコード配布期間は前期:2018年1月19日(金)~4月26日(木)と後期:2018年4月27日(金)~6月24日(日)
  • ・コラボクエストクリアで素材が手に入り、蒼星ノ太刀、蒼星ノ太刀【舞龍】、蒼星ネコシリーズ 、蒼星ノ将αシリーズ、ギルドカード背景、称号が手に入る。
PlayStation® Experience 2017の情報まとめ
  • ・プロモーション映像⑤の公開
  • ・ウラガンキンとヴォルガノスの登場
  • ・火山のようなフィールドの公開
  • ・メガマンとのコラボでメガマンになりきれるオトモ装備。
MEDIA SHOWCASE 2017 LIVE FROM PARISの情報まとめ
  • ・PlayStation4でのベータテスト版が12月9日からスタート。PS Plus加入者向けでシングル、マルチプレイ可能。実施期間は3日間の予定。古代樹の森と大蟻塚の荒地でドスジャグラス、アンジャナフ、ボルボロス狩猟の3つのクエストが体験出来る。
  • ・最新映像の公開。プロモーション映像④はトップページ下部に掲載
  • ・ホライゾンとのコラボが決定。主人公アーロイになれるハンター用の弓とワンセット防具、オトモ用機械獣になれる装備がある。「Horizon Zero Dawn」コラボ専用クエストをクリアするとコラボ装備を作るための特別な素材が手に入る。
  • ・地底洞窟のような新マップ「瘴気の谷」の公開。屍や骨が幾重にも積み重なった谷とそれらを利用する分解者の生態系が広がる。
  • ・集会所での腕相撲が継続
  • ・これまで発表されていなかった新モンスターが登場。大型はドスギルオス、ラドバルキン、オドガロン。小型はギルオス。
  • ・モンスターハンターワールドではゲーム内課金は取り入れない予定。
  • ・ログインしたらハチミツや激運チケット等のいいものがもらえるようなログインボーナス的なものがある。
  • ・プレイスタイルや趣味などで他のユーザーと繋がれる「サークル」がある。サークルメンバー用の集会エリアを作成できたり、キャラクター名の先頭にアイコンを付けたり、ギルドカードにサークル名を入れられたり、サークルメンバーにメッセージを残せたりと、狩友との親交を深められる。複数のサークルに同時に所属も可能。50人まで登録可能?
  • ・キークエストの代わりのストーリーを進めるための任務クエストと何度でも挑戦出来るフリークエストがある。
  • ・大型モンスター3体が同じエリアに現れることもある。
東京ゲームショウ2017の情報まとめ
  • ・新モンスターである古龍ゾラ・マグダラオスの公開
  • ・多彩なキャラメイクの公開
  • ・クエストを受注せず全域マップからフィールドに出発するとモガの森のような探索モードになる。探索では調査ポイントがあり、アイテムの精算、モンスターの調査報告書でポイントが溜まる。また、他のフィールドへも移動が可能。
  • ・オオナズチ似のモンスターの名前はプケプケ
  • ・クルルヤック、ネルギガンテとの対戦動画の公開
  • ・アステラの生態研究所では痕跡を集めると研究レベルが上がり、モンスターの情報を確認出来る。捕獲したモンスターは町で観察が出来る。また、モンスター図鑑で簡単な肉質や報酬素材が見られるようになった。
  • ・シリーズスキルというものがあり、例えば3パーツ集めると装備でのスキルとは別にスキルが発動する
  • ・武器の強化は1つ前の状態に戻したり、分解が可能。強化分はもどってこないが、作成時の素材は手元に返ってくる
  • ・防具屋ではこれまでは防具の販売リストが見にくかったが、シリーズごとに表示されるようになり見やすくなっている。また、試着も可能に。
  • ・オトモ装備は最低限の素材と調査ポイントで作ることが可能になった
  • ・護石は今作では素材とお金を使って生産、強化する仕様になった
  • ・かまど焼きという食事が追加。受付嬢にアイテムを渡すと渡すアイテムによって変わったアイテムがもらえることもある。例えば生肉を渡すとクエスト終了後に携帯食料が出来上がる
  • ・ウィッシュリストという機能が公開。生産、強化したい装備を登録することで、必要な素材を確認することができるようになる。素材が集まるとメッセージで告知してくれる
  • ・オトモアイルーがモンスターに交渉して成功すると、しばらくの間、オトモダチとして行動してくれる。ジャグラスに成功するとジャグラスに乗ることが可能になる。
  • ・新マップの丘珊瑚の大地の公開。
  • ・新モンスターのツィツィヤック、パオウルムー、レイギエナの動画公開。
  • ・武器の操作の練習が出来るトレーニングエリアの公開。
  • ・スペシャル体験会が10月21日に大阪、11月18、19日に名古屋で開催。
2017 PlayStationR Press カンファレンスの情報まとめ
  • ・発売日が2018年1月26日(金曜日)に決定。
  • ・プロモーション映像③が公開された。
  • ・調査団の拠点「アステラ」の紹介。拠点の入り口付近にはクエストボードやアイテムBOXがあり、モンスターの生態を調査している研究者もいる。
  • ・今作の看板モンスターである「ネルギガンテ」が公開。他にも新モンスターがプロモーション映像③で何体も登場。
  • ・名称未定の新モンスターはナルガ似のモンスター、白いフワフワのコウモリ、トサカを2つ持つ青い鳥竜種、白いドラゴンなど。
  • ・プレイステーション4Proモンハンワールド同梱版が発売決定。本体にはリオレウスのデザイン。9月20日より受付開始。
  • ・限定特典では防具オリジンシリーズと追い風の護石が手に入る。オリジンシリーズは採集に役立つスキルが付加。追い風の護石は攻撃アップと精霊の加護のスキルが付いている。
  • ・デジタルデラックス版の追加コンテンツは重ね着装備の鎧武者シリーズ、追加ペイント(竜)、ちょんまげヘアスタイル、追加ジェスチャー3つ(正座、手裏剣投げ、つっぱり)、追加スタンプ2種「MH 歴代キャラクターセット」「こんがり肉マスコットセット」が各5個、PlayStation4 のプロフィールで使用することができるスペシャルアバター14種。
  • ・数量限定の豪華BOXではネルギガンテのフィギュアやアートブック等が付いている。
gamescom2017の試遊版の情報まとめ
  • ・大型モンスターを発見するまでスタミナが減らなくなり、ずっとダッシュが可能になっている。
  • ・フィールド上の傾斜では滑りながら下に降りることが出来るので素早く移動が出来る。滑っている最中に特定の技が繰り出せる武器もある。
  • ・フィールドが夜になるとモンスターが寝るアクションをしたり、閃光玉の素材になる虫が普段は屋内にしかいないのに夜になると外に出て来たりする。
  • ・今作では近接とガンナーの防具が共通になっている。装備する武器種によって剣士とガンナーで武器種特性が出るようになり、剣士なら物理ダメージ軽減、ガンナーなら属性ダメージ軽減といった特性になっている。
  • ・PS4 Proの4K対応。オプションでフレームレートを優先させる設定や描画処理を優先させる設定などを選ぶことができる。
  • ・自動納刀という機能が存在。一定時間攻撃を行わないと自動的に納刀する。オンオフの設定が可能。
  • ・猟虫が操虫棍と別々になり、好きな猟虫と操虫棍と自由に組み合わせられる。
  • ・クエスト出発待機時に味方の装備の詳細を確認出来る。
  • ・クエスト報酬の受け取りに十字キーの移動が必要なくなった。○ボタンの長押しで自動で報酬を受け取れる機能も追加。
2017/08/23の大蟻塚の荒地実機デモプレイと開発者インタビューまとめ
  • ・モンハンワールドでは広さよりも密度で勝負しようと考えている。
  • ・今作では村クエストと集会所クエストの区切りが無い。下位、上位はこれまで通りで、今作では上位のストーリーも存在する。
  • ・最大4人プレイ。集会所では16人が集まれてコミュニケーションが取れる。プレイヤー傾向、クエスト種類、ハンターランク、使用言語などの条件を指定してユーザーを検索出来る。
  • ・ダウンロードクエストは配信型の期間限定になる。コラボクエストも配信予定。
  • ・卵運搬クエストに手が加えられ、ストレスが少なくなるように改良されている。
  • ・オトモアイルーは1匹を管理する。フィールド上にアイルーの原種のテトルーが存在し、テトルーが仲良くなるとモンスターの言葉を覚え、モンスターを一時的にオトモに出来る新システム。
  • ・キャラクリエイトは細かく設定できるようになっている。
  • ・フィールド上にアイルーに似た獣人族がいて、状況があえば大型モンスターに対して拘束などのアシストをしてくれる。
2017/08/18のプロモーション映像2、ゲームサイクル紹介映像のまとめ
  • ・過去モンスターのボルボロス、ディアブロスの続投を確認
  • ・新モンスターのメルノス(小型)、ヴォルガノス似のモンスターであるジュラトドス、オオナズチ似のモンスター、岩を持った鳥モンスター、最後に登場する竜型のボスモンスター?が初登場
  • ・斬れ味ゲージの減少の表示が、これまでの色ではなく長さで表示されるようになっているので、より減少量がわかりやすくなった
  • ・武器の強化画面に派生図が表示され、ゲーム内で武器の強化先がわかりやすくなっている
  • ・武器強化画面に強化の巻き戻しという項目が存在する。
  • ・スキル発動がポイント制では無くなり、1つの防具でスキルが発動するように変更されている?また、スキルにレベル表示があるので強化してレベルを上げると発動や効果がアップするかもしれない
2017/06/20のスペシャル公開生放送まとめ
  • ・モンハンワールドのオンラインマルチプレイはPSプラス加入のみで可能。
  • ・日本語ボイスが新たに追加。これまでのモンハン語も選択出来る。
  • ・ダメージ数値はオプションで消すことも可能。
  • ・クエスト中に時間が経過することによって昼から夜に変わる。
  • ・水中戦は無いが、探索時に泳いだりは出来る。
  • ・キャンプへファストトラベルが可能。
  • ・乗りのアクションも進化。乗り状態ではモンスターはハンターを色々な所にぶつけて落とそうとする。それを耐えて一定条件を満たすと乗ったまま溜め切りなどの大技が出せる。乗り状態の時に別のハンターがモンスターを攻撃しても乗り状態が解除されなくなり、ダウンさせやすいサポートとなる。乗り状態で麻痺にさせても乗り状態が維持される。
  • ・剥ぎ取りシステムはこれまで通り存在する。クリア後もクエスト報酬で素材が出るので、装備を強化出来る。
モンハンワールド情報まとめ
  • ・今作はグラフィックが大幅に進化し、システムも大きく改善されている
  • ・舞台は新大陸と呼ばれる未知の大陸。プレイエリアはシームレスで繋がる広大なフィールド
  • ・これまでよりも武具、生物や地形を利用した狩猟が出来る
  • ・フィールド上に残るモンスターの痕跡で導蟲(しるべむし)を使い、モンスターにたどり着く
  • ・ツタを絡ませてモンスターの動きを封じたり、モンスターに乗ることも可能
  • ・新たな標準装備のサバイバルツールを使うことで、草木を纏ってカムフラージュなどが可能
  • ・MHWにはPS4ならではの特別なコンテンツが存在
  • ・詳細は新要素のページで