【MHW】モンハンワールドアイスボーン攻略wiki アイスボーン | モンハンワールド攻略レシピ

傷ついたイャンガルルガの肉質、剥ぎ取り、部位破壊報酬など | モンハンワールド:アイスボーン【MHWI】

モンスター名 傷ついたイャンガルルガ
英語名 Scarred Yian Garuga
種類 鳥竜種
素材名 黒狼鳥
読み方 こくろうちょう
歴戦の個体 危険度Ⅱ
  • ・歴戦のイャンガルルガ。 続けざまに繰り出される強烈なブレスが特徴。
  • ・近距離での飛行が通常種とは異なる動きになっている。
  • ・部位破壊や疲労で動きが鈍化する。クチバシでの攻撃は特に疲労がたまりやすい。
  • 怒り時は落とし穴を破壊するので効かない。
  • 空を飛んでいる時にはじけクルミを2回当てると、落下ダウンさせることが可能。
  • 出現条件は、導きの地の森林地帯Lv6以上。MR70が必要。

傷ついたイャンガルルガの弱点

斬、打、弾は弱点の部位
[左ほど有効]
> 無 [左ほど有効。無は無効]
※は条件付きで有効
状態
- 頭/尾先
尾根元


麻痺 睡眠 爆破 気絶 痺れ罠 落し穴 閃光玉
モンスターの特徴
咆哮 風圧 振動 属性やられ 状態異常


体力[HP]と捕獲可能な体力
体力 (クエスト補正あり) 捕獲可能な体力
背景が黄色の素材は過去作のデータを参考に表示。確率は目安です。

剥ぎ取り素材・捕獲・落とし物・痕跡

下位 上位 マスター
本体剥ぎ取り/捕獲 3回
- - 黒狼鳥の厚鱗 35%
黒狼鳥の重殻 25%
黒狼鳥の銀狼毛 15%
黒狼鳥の剛翼 15%
イカしたクチバシ 8%
幻鳥竜玉 5%
尻尾剥ぎ取り 1回
[切断系の攻撃]
- - 黒狼鳥の靭尾 90%
幻鳥竜玉
落とし物 3回
- - 黒狼鳥の厚鱗

部位破壊報酬

下位 上位 マスター
耳破壊
- - 黒狼鳥の地獄耳
クチバシ破壊
- - イカしたクチバシ
翼破壊
- - 黒狼鳥の剛翼
胴破壊
- - 黒狼鳥の銀狼毛

クエスト報酬・特別報酬枠

下位 上位 マスター
クエスト報酬/銅枠
- - 傷痕の紫甲殻 25%
黒狼鳥の重殻 15%
黒狼鳥の厚鱗
黒狼鳥の銀狼毛 15%
イカしたクチバシ 15%
黒狼鳥の剛翼 8%
黒狼鳥の靭尾

導きの地での入手素材

入手場所 マスター 歴戦
導きの地
歴戦の銀狼毛
霊脈の剛竜骨
霊脈玉

傷ついたイャンガルルガの導きの地の出現エリア

導きの地の場所 種類 出やすさ
森林地帯 Lv6 歴戦
Lv7 歴戦

[新] 傷ついたイャンガルルガ関連についてのコメント

掲示板の書き込み一覧
  • 7  不動の装衣に親を殺された鳥[2019-09-21 19:22]
  • 8  火弾ブレス乱射がえぐい 急に来られると回避のしようがないわ[2019-09-27 00:28]
  • 9  殺意むき出しで草しか生えない 正直コイツに負けても不思議とイライラしない 負け方が清々しすぎて[2019-09-27 13:01]
  • 10  もう、開発の悪意にしか思えんほどの盛り過ぎモンスターだよな[2019-10-14 12:32]
  • 11  いくら悔しいからってこの調整は露骨過ぎる 開発が1番のエアプとは恐れ入る[2019-10-14 17:44]
  • 12  >>11 そう? ガルルガってもともと極めて攻撃的な生物だし、経験の浅い通常個体より強い歴戦の古強者って感じで設定通りだと思うケド 動きのパターンだって通常個体の純発展形な感じだし、無茶な...[2019-10-14 22:33]
  • 13  通常個体と同じく、はじけクルミの装填数上げるなりして、飛び回り始めたらクルミ当てて、大ダウン時に攻撃を繰り返すだけで何とかなるはずだけど?[2019-10-14 23:58]
  • 14  これ批判してる子らはP2Gまでやってた子かな?確かにP2Gまでのガルルガはそんなストレスないな 4のガルルガ経験してる俺としては相当ぬるいと思うけど、まあ4のガルルガは強いというよりイライラするけど[2019-10-15 23:19]
  • 15  確かに強くなったけどクシャルやナナと比べたら不快感も少ないし十分戦えると感じてただけに、ここでボロクソに叩かれてるのが意外だな 自分がランス使いだからだろうか[2019-10-16 07:46]
  • 16  ちょっと暴れん坊で強いだけ。むしろ対等に殴り合えるだけナナクシャよりよっぽど良いし、攻略法もちゃんとある。 理不尽なノーモーションやインチキ判定がないぶん、歴代のガルルガに比べればクソ度は低い...[2019-10-16 09:55]
モンハンワールド関連のスレッドから最新10件を表示。
最新の書き込みや全コメントはこちら→
掲示板:[新] 傷ついたイャンガルルガ